プロフィール

スタッフ

日本酒が好き。
純米酒が好き。
常温でやるのが好き。
なによりぬる燗が大好き。
宜しくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

「桃子」です

「桃子」が待っています。

すもものお酒の名前です。

さて、このお酒を2名様~4名様の
グループの女性「お猪口にちょこ」っとwobbly
サービスします。

なくなり次第、終わります(当たり前ですね)

お早めにご来店下さい。

2009年3月28日 (土)

申し訳ございません

一本義の「復刻酒」
おかげさまでサービス終わりました。

また「昇龍蓬莱」の17BYも終わりました。
「昇龍蓬莱」に関する情報が遅くなりまして、申し訳ございません。

2009年3月26日 (木)

一本義さんの「復刻酒」

タイトルのお酒、一本義さんの創業100周年の際に販売されました。

これを3年(か4年)あたしが責任(?)をもって寝かせました。
つまり、熟成酒にしちゃいましたhappy01

このお酒、多分もう販売していないと思います。
純米酒なので問題ないと判断して寝かせました。

今お店で「一本義・生もと造り(純米)」をご注文のお客様にほんの少しサービスしています。

(趣味で寝かせて熟成酒にした手前、販売は出来ません。)

好評です。あと少しです。
ぜひ、ご来店下さい。

2009年3月 9日 (月)

酸度

今回は「酸度」について。

以前、「日本酒度」(辛さの基準に使われますが)
という言葉を簡単に説明しました。
(なんか、偉そうで、申し訳ありません)

「酸度」日本酒のラベルに、良く記載されている言葉かとも思います。

その名の通り、日本酒に含まれる複数の「酸」の総量のことです。

酸度が高いと濃醇低いと淡麗な味わいになるといわれています。
また、酸の種類によっても味わいは変わっていきます。

「日本酒度」「酸度」これが複雑に絡み合ってほぼ味が決定します。
なので…
うちの取り扱っているお酒で「日本酒度+11」というお酒がありますが、
「酸度1.9」なので、それほど辛いとは感じません。
同じくうちで取り扱っているお酒で「日本酒度+8」のお酒、「酸度+1.6」なので、こちらのほうが辛く感じます。(あたしの私見)

あくまで基準です。お好みを見つけてください。

2009年3月 5日 (木)

ブログを見てくれた方

ちょっとだけお得な情報をhappy01

うちでやっている「昇龍蓬莱」純米酒

いまのボトルば「17BY」のもの。

何かというと、平成17年7月から平成18年6月に製造されたお酒。

つまり3年熟成のお酒です。

残り5合ほど。この機会にぜひ飲みませんか。

和風居酒屋 加登家茶屋 のサービス一覧

和風居酒屋 加登家茶屋